発酵食品に通常の食事から変える

5-09

3000種類から4000種類のたくさんの酵素が人間の体内には存在しています。体に取り込んだものを消化分解し、消化酵素は栄養を体内に吸収します。

既に遺伝子によって一生に作られる酵素の量は決められています。しかし、発行食品の成分によって酵素による断食ダイエットは効果を発揮します。

まず、酵素ダイエットの基本は発行食品に通常の食事から変えることから始めます。体外酵素と体内酵素の2つに大きく酵素は分類されています。

酵素ダイエットでは体内の酵素を無駄にしないようにするのは重要なポイントです。これは食物酵素とも呼ばれています。

断食中に良質なビタミンやミネラルを補給することが代謝酵素を活性化させるには重要となります。消化や吸収された栄養を代謝酵素は体中に送ります。

代謝酵素が活性化し、断食中は体の臓器や免疫力が再生されていきます。食事に代わりに夕食は酵素液を飲むダイエット方法もあります。

もう一方の体外酵素は外部から食物などの摂取によって酵素を取り込むことです。体に必要な栄養も普通の断食ダイエットでは失ってリバウンドしやすくなるので不健康です。

新陳代謝の促進や免疫力の向上などこれで体の機能を良くします。酵素ダイエットの消化と代謝を促します。

酵素ドリンクを使った断食ダイエットも酵素ダイエットには、含まれています。自然治癒の効果もさらに上がります。

人間の体内で生産する酵素が体内酵素で、機能によって消化酵素と代謝酵素も体を助ける役割を果たしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る